アクセス方法

はじめての方へ

MusicVketに参加するには、「プラットフォーム」と呼ばれるサービスを使います。
今回は【VRCHAT】【cluster】【STYLY】の3つのプラットフォームから選べます。
会場にアクセスできるのはイベント期間中のみなので、それまでは下記の解説を参考に、利用したいプラットフォームのアカウントを取得するなどの準備をして下さい。
(会場への直リンクは、イベント開始日にサイトトップに掲示します)

来場にあたっての注意事項

□ 当イベントは、個人やメディアによる「撮影・配信」を許可しています。参加者の様子がそれらに映り込む場合がありますので、あらかじめご了承ください。
(映り込みを確実に避けたい場合は、VRCHATのプライベート、又はSTYLYをご利用下さい)
□ 違法・不正なアバターや、公序良俗に反するアバターでのご来場はご遠慮下さい。
□ あらし行為、迷惑行為等はご遠慮下さい。

プラットフォームの違い

言語 英語
日本語
デバイス パソコン
VR機器
スマートフォン
機能 サンプル立ち読み
アバターで参加
友達と参加
環境 アプリDL アプリDL アプリDL
Webブラウザ

VRCについて

VR CHATは、世界最大規模の米国プラットフォームです。
不特定多数が会場にいて賑やかな「パブリック」と、自分や友達のみでゆっくり回れる「プライベート」が選べます。
英語表示のみですが、日本語の解説サイトもあります。

clusterについて

clusterは、日本の国産プラットフォームです。
スマホに対応しているので、気軽に来場することができます。
会場は最大50人まで入れるので、イベントならではの賑わい感が味わえるはず。
「グループビューイング」モードなら、友達とボイスチャットをしながら回ることもできます。

stylyについて

STYLYは、日本の国産プラットフォームです。
1人モードのみなので、マイペースにじっくり会場を見て回りたいときにおすすめです。
インストール不要で、PCからWebブラウザで利用できるのも便利。
また、ARが使えるスマホアプリもあり、自室にブースを召喚して遊ぶこともできます。